パームリーディングアドバイザー口コミ評判

パームリーディングアドバイザーと聞いてピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、パームリーディングは簡単に言ってしまえば手相鑑定の事を指しています。インドが手相占いの起源で、仏教が中国へ広まったと同じ頃に手相も伝わったと言われています。その後、中国の易学を取り入れたものが中国より日本に渡って広まりました。

手相には西洋と東洋の2つに大別されるほか、それぞれに各流派があると言われていますが、そのどれもが手の平に出来ている掌線と呼ばれる線と肉付きなどを含めた手の形や状態を見て性格や才能、資質、健康、運勢、未来などを占っています。

JAAMP日本アロマメディカル心理セラピー協会とは

心のケアを中心に技術などのスキルが一定以上ある事を認定している団体です。各分野のスキルを有している技術及び指導者として必要な能力を認め、各自の分野での技術向上と指導の向上などを目的としています。開業や講師として活躍する際の資格として有効で、各分野の基本的な技術や知識を理解して目的と用途に合わせて各分野で活躍する事が出来る人材育成を目指しています。

資格を取るには

パームリーディングアドバイザーの資格を取るにはJAAMP日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催するパームリーディング認定試験に合格する必要があります。ここではその認定試験のプロセスにて説明をさせて頂きます。

JAAMP日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページよりパームリーディングアドバイザーの専用ページを開きます、専用ページ内にある受験申し込みリンクをクリックすると認定試験の申し込みに必要な情報を記入する事が出来るフォーマットが表示されていますので、必要事項を全て記入して送信します。後日、フォーマットに記載した住所宛てに受験に必要な書類が郵送にて送られてきます。

自宅学習で受験対策を行った後、送付された書類の中に解答用紙がありますので、試験期間中に回答を記入して協会宛てに郵送にて返信する事で受験完了となります。合否判定は試験終了後およそ1か月弱程度で判明します。なお、合格には70%以上の正解率をもってパームリーディングアドバイザーの資格を取得する事が出来ます。

口コミ評判を紹介

実際に既にパームリーディングアドバイザー認定試験に合格をしている先輩方の声を集めてみました。
・昔から占いに大変興味があり、手相はその中でも特にきになっていましたので思い切って資格を取りました。60歳を過ぎてからの挑戦でしたのでとても不安でしたが、時間を掛けてでも取りたいと思って頑張りました。

・将来クラブ経営を目指している中の一つとしてお客さんとの距離を縮める一つの手相も将来の投資!と受験しました。いつかお店を開く時には是非今回の資格から得た知識でお客さんとの交流を深めたいと考えています。

・資格を取った事で現在月に2度あるショッピングセンターに小さなお店を開かせてもらっています。最近、別支店でもどうかという打診を頂き、これからどんどん活躍出来そうでとても幸せです。
これらのほかにも多くの口コミ評判が上がっています。先輩方の声にもある様に、独立して活躍されている方も多数いらっしゃいますので、独立を目標にされてみるのも良いでしょう。

合格後について

パームリーディングアドバイザー認定試験に合格後は趣味から実際に占い師として活躍したい方まで幅広く活躍が出来ます。合格後はアドバイザーとして活躍する事が出来るほか、講習会などを開く講師としても活躍できますし、さらなる活躍後は努力次第でお店を独立させる事も可能です。

手相は多くの方が興味を持ち、気になっている大変私たちの身近にあるものです。趣味として勉強を行う延長線上でも、職業として活躍事も出来るので、多くの人の悩みや葛藤などにアドバイスや助言をする事が出来る心理的貢献度が高い分野です。せっかくのチャンスですので、これを機に資格取得に向けてチャレンジされてみては如何でしょうか。
手相資格  手相資格