ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判

日本安全食料料理協会の認定するハーブインストラクターとはどのような資格か、またその受験方法や口コミ評判についてのまとめです。

ハーブインストラクターとは

ハーブはお茶や料理、美容やアロマテラピーなど暮らしの様々な場面で活用されています。上手に活用することによって暮らしを彩ることができます。ハーブについての知識や技術をもっと向上させたいと考える方々におすすめの資格があります。それはハーブインストラクターという資格です。日本安全食料料理協会の認定するこの資格はハーブを生活に活かし、豊かな生活を促進させる知識、技術を持つ人へ認定される資格です。資格取得者の需要は食品関係全般にあり、ハーブセラピストとして活躍することもできます。試験においては、ハーブの基礎知識、ハーブティーの淹れ方、ハーブの料理、ハーブの歴史、ハーブティーの道具、ハーブの有効成分、ブレンドと効果、ドライハーブなどに関する基本的な理解が確かめられることになります。

日本安全食料料理協会とは

日本安全食料料理協会とは、食品、料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。各スキルを持つものが備えるべき一定の水準が示されることによって技術者やその技術を身につけたいと考える人たちが、その水準をクリアするための明確な努力を行いやすくなりますし、勉強をするための意欲を持つこともできます。さらに、企業や現場が人材を採用する時にも資格取得者であれば一定の水準をクリアしていることがわかりますのでその人の技術レベルを把握しやすく採用しやすくなります。こうした取り組みによって技術者たちの社会的地位が守られ、向上することになります。日本安全食料料理協会においてはカフェオーナースペシャリスト、紅茶アドバイザー、ワインコンシェルジュ、ドライフルーツセレクター、ベジスイーツマイスターなど多種多様な資格を取得できるようになっています。「食」に関わる仕事をされる方にとって特に関心を持つべき資格と言えます。

受験方法

受験を希望される場合には日本安全食料料理協会のホームページ(https://www.asc-jp.com/)から申込を行うことができます。画面の簡単な入力指示に従って入力するだけです。申込を行うと受験票や答案用紙や試験問題が自宅に送られてきますのでその時に受験料1万円(消費税込)を支払います。配送料はかかりません。受験の方法は在宅での受験になります。自宅で受験できるのでどこか試験会場まで移動するための時間や労力を節約することができますし、不必要な緊張ゆえに受験に集中できないとこともありません。仕事や家事を行っている方でも大変受験しやすくなっています。さらに、受験日についても定められた期間内であれば都合の良い日を自分で選ぶことが出来るようになっていますので、計画が立てやすいという魅力もあります。受験が終了したら、日本安全食料料理協会に返送します。

口コミ評判について

「試験内容が幅広いこともあり、通信教育を利用して資格取得をすることにし無事合格しました。ハーブを選ぶ際、商品についている説明を読んで購入する人が多いと思うので、その時に必要な最低限の知識などを教える講師として活動して行きたいと思います」

資格取得によって自分が本当に良いと思う事柄を効果的に他の人にも伝えることが出来るようになります。自分自身がハーブを一層楽しめるようになることに加え回りの人にもその魅力やその素晴らしさを伝えていくとその楽しさや充実感はより大きなものとなります。