トレーニングサポーター認定試験口コミ評判

本格的なスポーツジムとは違い、健康増進のための基本的な運動トレーニング指導の知識を持った資格所有者がトレーニングサポーターです。トレーニング用具や器具などの取り扱い方、食事による運動機能との関係、知識やプロテインなどの知識も有しています。

ダイエットを目的とする代謝機能の向上や、総合的な筋肉トレーニングなどがトレーニングサポーターの指導目的になります。有酸素運動、あるいは無理のない一般家庭向けの、日々の健康運動サポートですね。街にある室内トレーニング教室のトレーナーに近いイメージです。効果的なストレッチの知識や経験がある程度あれば、資格所得に有利でしょう。

日本生活環境支援協会とは

日本生活環境支援協会とは、一般家庭の日常的な役に立つ知識や経験を活かして、そのレベルを認定する各種独自の認定試験を随時行っている協会です。スキルを活かして受験する方が、各企業やその業界で活躍出来るに値する水準に達しているかを、この認定試験を通じて推し量る事が出来ます。認定試験を受けるには、そのジャンルごとに総合的な知識とある程度の経験を持っていた方が良いでしょう。認定試験の目的は、せっかくの自分がこれまで得られてきた知識や経験を社会にそれを活かして貢献できるよう、その人材輩出を目標に掲げています。

試験を受けるには

運動についての一定の知識と経験をまずは得ていた方が、認定試験準備には良いでしょう。具体的には、一般的な健康運動、ストレッチとトレーニング機器や器具の取り扱いと注意点、運動における安全性などの総合知識をまず勉強しておくことです。トレーナーとしての経験は、正式なスポーツコーチなら尚良しですが、一般の方でもスポーツや運動に関する知識があれば、後は独学でも学ぶことが可能です。

またスポーツジムでの就業経験があれば、通常民間のスポーツ施設トレーナーは資格については、特に設定、必要としないケースもありますからその経験をこの認定試験に役立ることは可能です。肩書とまではいかなくても、受験の準備段階で総合的なトレーニングや指導についての勉強を行いますから、非常に将来的に巷の健康ブームに貢献できることが期待される認定試験です。

合格するには

まず独学なら基本的なトレーニング方法、筋肉ストレッチと休息や食事、運動と関連のある総合知識から勉強すると良いでしょう。それと合わせて各種ストレッチ、スポーツジムにあるトレーニング機器、器具の取り扱いも、自分が実際に使ってみたり、その操作を覚える必要があります。

実際にスポーツジムでの体験や経験がやはりあった方が、合格率は上がります。ジムトレーナーやコーチ経験があれば良いですが、一般の方でも独学で自分で関心を持っていれば受験することは可能です。ダイエット運動や有酸素運動の知識や、安全な運動方法を知っているなら、受験に向けて今度はやや専門的な知識を、独学で勉強すると良いでしょう。

認定試験に向かって

認定試験は筆記試験で実技がありませんが、勉強に関しては運動機能と健康との関連性や、スポーツにおける安全面などの知識を知っておく必要があります。それに、実際にスポーツジムや健康ストレッチについての経験があった方が、知識を得るにはそのヒントを得られる可能性が高いでしょう。全くトレーナー経験が無くても、健康運動と基礎的な栄養学、有酸素運動や骨格と筋肉について、ある程度スポーツ医学などへの興味や、また体育大学などでの履修知識があれば、認定試験は合格率がかなり高いですね。

合格後の活躍

やや本格的なダイエット教室や、室内運動のトレーナーとしての需要に応えることが可能でしょう。また認定試験を通じてそれまで学んだことは、一般家庭向けに各種イベントや、街のスクール、大小様々な教室などで活躍が期待できます。また雇用や働き口を求めなくとも、一般家庭での知識や経験を活かした指導が、この認定試験で裏打ちされますので、合格後の資格は様々な場面で、非常に役立つことでしょう。
筋トレ  筋トレ