スポーツ運動資格人気ランキング

スポーツ運動資格について

現代人は運動不足だと言われています。特にオフィスワークの人は毎日椅子に座って仕事をしていることから運動不足に陥りがちです。そこで活用されているのがスポーツジムなどの運動できる施設です。都会にも多くあり、仕事終わりに気軽に汗を流すことができることから人気です。そのほかにもウォーキングやランニングも昔から人気の運動方法です。
この記事では、スポーツをしたいけど正しい始め方がわからない、せっかくならきちんと体の動かし方を学んでおきたい、そんな方におすすめの資格を5つご紹介します。日頃の運動不足解消のため、また今後スポーツジムのトレーナーなどで働きたいと思っている方もぜひご覧ください。おすすめのランキング形式で紹介していますがそれぞれに特徴があり、スポーツ好きには魅力的な資格ばかりです。

1位 健康ウォーキングアドバイザー

主催団体:日本生活環境支援協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
健康ウォーキングアドバイザーは歩くことによって得られる有酸素運動効果とそれが心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防などの知識を身につけてそれを生かすことができる人に与えれられます。ウォーキングについて知識を身につけたい方におすすめです。

2位 歩き方インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
この資格ではウォーキングの効果や健康増進などの知識を持ち、それを活用して個人で異なる歩き方やウォーキングペースを考えることができる能力が求められます。インストラクターとしてスポーツジムやカルチャースクールなどで働くことも考えられる資格です。

3位 スポーツリーダー

主催団体:公益財団法人 日本体育協会
受験資格:18歳以上であること
受験費用:23100円
受験申し込み方法:お問い合わせください。
受験場所:在宅
合格基準:60パーセント以上の課題正答率
この資格は講座を受講することで取得できます。講座は通信講座と集合講習があるので個人的に自宅で勉強することもできますし、団体で一気に取得することも可能です。地域のサークルやスポーツ指導などを行なっている人におすすめの資格で、キャリアアップにもつながります。

4位 アスレティックトレーナー

主催団体:公益財団法人 日本体育協会
受験資格:亀井競技団体から推薦を受けていること、指定学校で学んでいることなど
受験費用:共通科目 19440円 専門科目 72360円 実技試験検定料 32400円
受験申し込み方法:お問い合わせください。
受験場所:お問い合わせください。
合格基準:60パーセント以上の正答率
この資格は指定された学校でスポーツトレーナーとなる教育を受けている人や既にスポーツジムなどでトレーナーとして働いている方が対象となっている資格です。スポーツについてもっと知識や技術を深めたいという方やキャリアアップしたい方におすすめです。

まとめ

スポーツや運動に関する資格は自分で運動を楽しむためのものや人に教えるためのものなど様々です。自分に適しているものを選んで楽しみながら挑戦してみましょう。
ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座