ストレスケアマネージメント口コミ評判

上司によるパワーハラスメント、長時間労働・サービス残業などの理由、ママ友などとの複雑な人間関係などの理由でストレスが蔓延している時代になっています。

ほとんどの人はなんらかの悩みを抱え、最終的には心が病むなどの障害に至ることもあります。

それをあらわすように、うつ病や胃腸炎などで、診療内科、精神化に通院してカウンセリングなどに頼る人々は急速に増加しています。

ますます深刻化するストレス社会に対処するための「ストレスケアマネジメント」の資格についてご紹介します。

この記事で詳細を確認していただけると幸いです。

ストレスケアマネージメント認定試験とは

「ストレスケアマネジメント」資格は「日本アロマメディカル心理セラピー協会」の認定資格です。

自分の感情にどう対応するかなどの知識を十分に理解し、アンガーマネージメントなどの「心理的な訓練」を用いたストレス対策、ストレスの様々な原因に対応する「ストレスマネジメントスキル」を認定する資格です 。

ストレスの多い現代社会では、仕事、家族、学校、様々な集まりなど、人々とコミュニケーションをとることに苦しむ多くの人がいます。

この認定試験は、基本的な対人関係の構築、コミュニケーション方法、ストレスで苦しむ人々など、幅広い人々にオススメしたい資格です。

ストレスケアマネージメント認定試験について

ストレスケアマネージメント認定試験は70%以上の合格基準を満たしていると合格となるため、難易度は比較的難しいものではあるでしょう。

特別な試験資格は特には必要ないので誰でも挑戦することができます。

試験の申し込みから実際の受験まで在宅でできるので、休日や夜間などの空き時間に自分のペースで進めることができますし、試験日程は試験期間中の自分の都合の良い日に回答用紙を記入し、協会に返却することでできるため簡単に受験することが可能です。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

日本アロマメディカル心理セラピー協会とは

ストレス社会といえわれて久しい昨今において、心のケアは現代人にとって必須のスキルとなってきています。

特に、2015年に厚生労働省によって労働安全衛生法が改定されたことにより、従業員50名以上の企業ではストレスチェック制度が義務化されるようになっています。

その背景にもあるとおり、現代社会のストレスによる鬱などの精神疾患は国全体で問題として取り扱われるものとなっており、さまざまな場面でストレスケアのスキルが広く求められるようになってきています。

そこでカウンセラーやセラピストなどのスキルを持つプロフェッショナルが以前からあった職種である病院や福祉施設などのみではなく、さまざまな企業での就職やカルチャスクールの講師活動などでも活躍の場が広がっています。

今回紹介する日本アロマメディカル心理セラピー協会ではストレスケアやカンセリングなどの心を癒すスキルについて第三者の視点から客観的な評価の尺度を提供し、一定レベル以上の知識・スキルを持っていることを社会的に証明する機会を増やすことで、カウンセラーやセラピストなどが自身のスキルをアピールしてて活躍する場を広げるための協会として設立されました。