サナトリウム健康アドバイザー認定試験口コミ評判

サナトリウムとは、自然の力を利用して心身を療養する施設のことです。日光浴や森林浴などができるところですね。

日光浴や森林浴は何となく身体に良いと分かっている人は多くても、具体的にどんな効果ぎあるのか、正しい療養の方法について詳しい人は少ないのではないでしょうか?

今回はサナトリウムと言っても、温泉に特化しています。普段は温泉に入れば疲れが取れて、何となく腰痛なども良くなる気がしませんか?でもそれは損をしているかもしれません。より効果的に、適切な効能の温泉に正しい入浴方法で入ることで、その効果は生かされるのです。病は気からと言いますから、確かに温泉に入ればリラックス効果があって身体に良いのは間違いありませんが、より良い方法を学びましょう。

サナトリウム健康アドバイザーとは?

サナトリウム健康アドバイザーは、温泉の泉質の種類や入浴方法についてより健康的に入れる知識を持った人を、日本インストラクター協会が認定している資格です。

温泉に行ったら温泉分析表があったり、単純温泉や掛け流しなど温泉地独自の専門用語がたくさん書いてありますよね。それらの意味をしっかり理解して、正しい入浴を行うための知識を得て、人に教えることのできる資格です。

資格取得後は、インストラクターとして、人に教えることも出来るので、副業として活用している方や、本業のスキルアップに役立てている方などがいます。

サナトリウム健康アドバイザー認定試験口コミ評判は?

「今まで何となくで温泉に浸かっていましたが、サナトリウム健康について知り、効能別の温泉や正しい温泉の入り方を学んで、より温泉を楽しめるようになった。」とか「温泉と健康の関係について人に教えることができ、昔の仲間などと積極的に温泉に観光しに行く機会が増えました。」など温泉について詳しくなるとプライベートでも充実してくるようです。

どうやったら資格が取れるの?

このサナトリウム健康アドバイザーを取るには、2つの方法があります。

1.「諒設計アーキテクトラーニング」などの通信教育で温泉について色々学んでから資格を取得する方法

通信教育というと今までやったことない人にとっては未知の領域ですよね。ですが、一度通信教育で勉強するとハマってしまう人が続出です。なぜなら普通は専門学校などに行って学ぶべきものが教材として全て自宅に届くのです。教科書や問題集などすぐ使えるものばかりです。届いたら、自分のペースで勉強し、一通り教材をやり終えます。ただ一日どれくらいやったらいいのか?や教材で分からない点があったらどうしたらいいのか?については、専属の先生が付いてくれて、メールなどで質問できるようになっています。メールなので相手の都合を考えずに思い立ったときに送ることができ、質問し忘れたり、不明点をそのままにして次に進んでしまうということはなくなります。また教材は家に届くので、何処かに行って勉強したり、勉強用に時間を作る必要がありません。自分の好きな時に好きな場所で勉強できるので、途中で諦めることもなくやり遂げることができます。

コースによっては、講義用の教材をやりきって資格を取るのに2ヶ月でできるものもあります。また講義修了時の課題クリアで、そのまま資格取得できるコースもあります。資格試験が免除されて有資格者になれるのはありがたいですね。それは日本インストラクター協会が提携している通信教育に限ります。それ以外は、勉強した後に下記2のように試験を受ける必要があります。

2.いきなり日本インストラクター協会の試験を受ける方法

既に温泉業界で仕事をしている人は、とりあえず自分の実力を図る意味でもいきなり試験を受けてみることをお勧めします。受験資格は特になく、誰にでも受験することができるので簡単です。

まず日本インストラクター協会のHPより受験の申し込みをします。その後、規定のタイミングで問題用紙と解答用紙が届きます。その時配達してくれた人に代引で受験料を納めればいいのです。カード決済など、通信教育に自分のクレジットカード情報などを伝える手間が省けますね。

問題用紙を手にしたらあとは5日間で問題を解いて、解答用紙を返送するだけです。好きな時間に好きな場所で試験を受けられるので、誰でも気軽に受けられますよね。興味のある方はぜひ一度受験してみてください。