コールド・プロセスソープマイスター口コミ評判

私たちが毎日お風呂で使う石鹸を自分の手で作ることができれば素晴らしいと思いませんか?

あなたが好きな香りのハーブやオイルを選んだり、肌にやさしい素材を選んだ石けんを作ることができたら毎日のお風呂でも楽しく過ごせますよね。

この「コールド・プロセス・ソープ・マイスター」は、このような素敵な石鹸を作る資格です。

今回は、この「コールド・プロセス・ソープ・マイスター」について紹介したいと思います。

コールド・プロセスソープマイスターとは

コールドプロセス石けんは、1ヶ月以上自然乾燥後に熟成させた石鹸のことです。

通常の石鹸はアルカリと油脂で作られていますが、コールド製法は熟成させる製法です。

コールド製造方法の特徴は、保湿力が優れていることにあり、皮膚に非常に良いことにあり、日本人の乾燥しやすい敏感肌には、特に効果的な石鹸といわれています。

コールド・プロセスソープマイスターは、手作り石けんを作成する知識、道具の選択方法、オイルの選択方法などの知識やスキルが一定以上あることを証明します。

また、コールドプロセス石けんを作れるだけでなく、さまざまな肌のスキンケアに対する知識も必要になります。

自分にあった手作りの石けんが作れることから女性を中心に人気を高めており、敏感肌や乾燥肌で悩む人が自分自身のために石鹸を作ったり、自分で作った石鹸を販売したい人のためにオススメの資格です。

また、コールド・プロセスソープマイスター認定試験は受験資格は特に必要がないため誰でも挑戦できることもあり、多くの人が石鹸からの癒し効果、香りに好みの特徴を付けるなどプロの石鹸作りを目指しています。

コールド・プロセスソープマイスター認定試験について

コールド・プロセスソープマイスターになるためには、認定試験を受ける必要があります。

この試験は、日本デザインプランナー協会主催のもので、手作り石けんを作るための基礎知識、道具の選び方、材料の選び方、乾燥方法、オイルの選び方などの技術を持っていることが証明されています。

あらゆるタイプの肌の問題に適した石けんを作る方法や手作り石けんを作る方法を学んだことが証明されるので、自分の石鹸を作って親しい友人に配ったり、インターネットでの販売に役立てることできます。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

日本デザインプランナーとは

デザイナーと呼ばれる仕事はかっこよくて憧れの仕事ですよね。

デザインを生み出すプロフェッショナルなので、才能とスキルが必要なのは明らかでしょう。

しかし、その一方で、デザイナー自体は特別に必要な資格がなければなれない職業ではありません。

優れたデザインを作成することで有能なデザイナーとして評価されます。

日本デザインプランナー協会は、こうしたデザイナーに客観的な評価となる資格を与えることを目的としています。

日本デザインプランナー協会の認定を受けた資格取得者には、高いスキルに知識や技術力を持ち、デザイナー自身が自信を持ってスキルをあげることに役立てることができます。

また、日本デザインプランナー協会での資格取得によって、雇用の際のひとつの指標としてデザインスキルの提示が出来るため、雇う側、雇われる側の双方にとって有益にすることができます。