キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

普段の生活の中でロウソクに火を灯すということがあるでしょうか?最近、キャンドルの価値が見直されており、キャンドルを灯すことに様々な効果があることがわかってきました。キャンドルに火を灯すことによってマイナスイオンが発生します。空気の対流によって部屋中に広がるマイナスイオンが癒しの時間をもたらしてくれます。またキャンドルの炎の揺らぎは「1/fのゆらぎ」となっています。「1/fのゆらぎ」とは自然の中の癒しのリズムのことです。人の鼓動も同じリズムを刻むのでキャンドルのゆらぎを見ているとα波が脳内に発生しリラックスすることができます。

人々に癒しをもたらすキャンドルが注目されていますのでキャンドルそのものの制作にも取り組まれる方も増えています。様々な色合いやデザインでキャンドルを作成することができますが、製作のための材料や方法などにも精通する必要があります。その点で日本デザインプランナー協会において取得することができる資格、「キャンドルデザインマスター」とても役立つものとなりますのでご紹介いたします。

キャンドルデザインマスター認定試験とは

キャンドルデザインマスター認定試験は日本デザインプランナー協会が行っています。日本デザインプランナー協会とは主に建築デザイン技術の水準向上や各スキルの社会的地位の確立を目的として各種認定試験を行っています。この試験に合格するなら、一定の水準に自分のスキルが達しているということがはっきりするので自信を持ってその技術を活用することができますし、自分の技術をアピールしやすくなります。企業側も人を雇う際にこうした資格が提示されることによりその人の技術を客観的に評価し採用する助けとなります。キャンドルデザインマスター認定試験はキャンドル制作に必要な知識、技術のレベルが一定以上であることを証明する資格です。試験において問われるのはキャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程などです。

受験方法について

受験をしてみたいものの不安があるかもしれません。いくらぐらいかかるのだろうか?試験の日に会社を休めるだろうか?といった疑問があるかもしれませんので簡単にご説明します。申し込みはインターネットを利用して日本デザインプランナー協会にアクセスして申込みます。入力事項はとても簡単ですし、24時間いつでも手軽に申し込むことができます。受験費用は1万円です。受験費用の支払いは自宅に試験用紙や受験票が送られて来るときに代引きの形で支払います。試験そのものは自宅で行うことができますし、試験日も決められた期間内の中であれば自分の予定に合わせて設定することができますので、忙しい方でも安心して申し込むことができます。

資格取得についての口コミ評判は?

「キャンドルの魅力のとりこになりました」「以前から作ってみたいと思っていましたが資格取得のための学習で得た知識を使いキャンドルを作ることができるようになりました。しっかりとした知識が身についたので自分のイメージを表現出来るようになり充実しています」といったコメントがあり、口コミ評判は大変良いものになっています。キャンドルデザインマスター認定試験によって資格を取得するなら自分の趣味を充実させることができますし、自分や家族や周囲の人々にも癒しや喜びを与えることのできる素敵な日々を過ごすことができますのでおすすめです。