キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

キャンドルアドバイザーとはどんな資格なのか、その資格取得にはどのようなメリットがあるのか、受験方法、口コミ評判からどのようなことがわかるのかに関する説明とご紹介です。

キャンドルアドバイザーとは?

キャンドルは火を灯して使用するものですが使い方はそれだけでなく、火を灯さなくても置いて眺めるだけでも楽しめる様々な種類のデザインや色合いのものが増えてきました。テーマを決めてインテリアとして飾るという楽しみ方もあります。もちろん火を灯しその炎の揺らぎやその雰囲気からも癒しを得ることもできます。また実際に停電等のトラブルの際にも大いに役立ちます。このように様々な方法で活用できるキャンドルですが、自分で好きなデザインや色合いのキャンドルを制作される方も増えています。しかし、実際に自分のイメージ通りの作品を制作するためには多くのノウハウが必要になります、まただれかにキャンドルの活用の方法についての具体的な提案をする場合にも、専門的な知識を学習する必要があります。その点で日本インストラクター協会において取得できる「キャンドルアドバイザー」という資格はとても役立ちます。キャンドルアドバイザーとはベーシックキャンドル、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの技術を習得しインストラクターとして教えることができる人に与えられる資格です。ですから、資格取得後は講師としても活動することができます。

受験方法について

この資格取得は日本インストラクター協会において取得することができます。日本インストラクター協会とは教える力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。ですから、資格を取得することによって自分のスキルのレベルをはっきりと第三者にもわかりやすく示すことができます。受験方法は日本インストラクター協会のホームページにアクセスして簡単に行うことができます。受験料は1万円です。受験資格は特にないので、何らかの仕事にすでに就いていなければならないということもありませんし、実務年数が問われることもありません。受験票と試験用紙は自宅に届けられますのでその際に代引という方法で受験料を支払います。試験会場は自宅になりますので落ち着いて受験することができるのも大きな魅力の一つです。受験日についても定められた期間内であれば自分の都合の良い日を選択することができますので忙しい方でも受験できるとあって人気です。合格ラインは70パーセント以上の評価となっています。

口コミ評判はどのようなものか?

「アロマキャンドルの体験教室に参加したのをきっかけに、きちんと学んでみたいと思いました」

「手作りキャンドルをホームページで販売することを計画していて、インストラクター資格取得を目指しています」

「今後はデザインの勉強を行いつつ販売や講師活動も行っていこうと思います」

口コミ評判は大変良いものになっています。資格取得を目指すことによって専門的な知識を身につけることができますし、他の人にもキャンドルの魅力を上手に伝えられるようにもなります。自分の心を動かしたキャンドルに関する魅力的な作品や技術を他の人の心を動かす仕方で伝えていきたいものです。