キッチン心理カウンセラー認定試験口コミ評判

キッチン心理カウンセラーの認定資格試験は、最近話題となっている日本アロマメディカル心理セラピー協会で実施される認定試験です。

キッチン心理カウンセラー試験に合格することで、キッチン心理カウンセラーの資格が得られます。

キッチン心理カウンセラーは、料理を好む人、キッチンにこだわりがある人、心のケアを通して社会に貢献したい人にオススメの資格なんですよ。

キッチンから生活を改善させる

キッチンは家庭を構成するなかでも主要な構成要素であり、キッチンの状況や空気の流れが私たちの生活に直接的に影響を与える場所でもあります。

キッチン心理カウンセラーは、キッチンを整頓し清潔さを保つことで、生活全体の質を向上させる仕事に就く方を指します。

自分たちが毎日入退室する場所は、常に清潔な状態に保たなければなりません。清潔にしていないキッチンは心理的にも重荷となり健康にも害も及ぼしてしまう可能性さえもあります。

キッチン心理カウンセラーの役割は、キッチンが私達のライフスタイルに深い影響を与えることを多くの人に伝える役割をもっています。

もし、料理のための快適な空間作りや栄養バランスなどのアドバイスをしたいならキッチン心理カウンセラーの資格はおおいに役立てることができるでしょう。

心理学の知識と食生活のサポートを併せて活用できるのはキッチン心理カウンセラーの特権です。

心理学とハウスキーピング能力に自信を持っているなら、これ以上ピッタリな資格はないのではないでしょうか。

キッチン心理カウンセラー認定試験について

日本アロマメディカル心理セラピー協会では、「キッチン心理カウンセラー」認定試験を実施しています。

カウンセラーとして働くことができるレベルかを合否で判定されるため、資格取得後にはプロのカウンセラーとして活躍することに役立てることができます。

受験資格がないので誰でも試験を受けることができます。

自習で勉強することが可能ですがが、流通している本があまりないこともあり、通信講座で勉強することをオススメします。通信講座を卒業した場合、通信講座の卒業課題を提出することで資格を取得する手段もあるため、気になる方はぜひチェックしてください。

また、試験のスケジュールは1年に1回ではなく、2ヶ月に1回であるため、試験を受ける方には嬉しいですね。

さらに、試験はすべて自宅で行うことができる便利なシステムになっています。

早ければ2ヶ月後には資格を取得することも可能なんです。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

自分や大切にしている人の心と体をケアをする

日本アロマメディカル心理セラピー協会で受けられるキッチン心理カウンセラー認定試験ですが、試験に合格することで、自分自身、大切な人や家族のサポートができるスキルを証明してくれます。

近年の日本社会では、心身に重い負担を負う人が増えており、日常生活をおくるのが難しい方もいます。

日本アロマメディカル心理セラピー協会では、悩み苦しんでいる人を救うことに役立てる資格がたくさんありますので、「キッチン心理カウンセラー認定試験」などの試験を受けて、悩める多くの人に役立てることができます。

資格を取得することによって、自分を必要とする人々の笑顔を見ることができますので、仕事にやりがいを感じることができるでしょう。