カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

日本デザインプランナー協会の認定するカラーアドバイザーとはどのような資格なのか、どのように受験することができるのか、口コミ評判はどのようなものかという点についてまとめた記事です。

カラーアドバイザー認定試験とは

わたしたちの生活は多くの色に囲まれています。色によって多くの情報が伝えられます。時にはその印象は心理的な部分にも作用します。私たちは普段の何気ない生活の中でも色の選択を無意識のうちに行っていることがあります。またデザイン関係や、建築関係、アパレル関係をはじめとして様々な仕事の中でプロフェッショナルとして色を扱っておられる方もおられます。ですから、色の扱い方に関するスキルを持つことは社会生活において大いに役立ちます。その点で役立つ資格があります。それはカラーアドバイザー認定試験です。カラーアドバイザーとは色の性質を理解し、的確な助言をする専門家に与えられる資格です。資格を取得することによってファッション、インテリア、プロダクト、建築などの多くのビジネスシーンで役立てることができます。またカルチャースクールなどでの講師として活動することもできます。

日本デザインプランナー協会とは

カラーアドバイザー認定試験は日本デザインプランナー協会が行っています。日本デザインプランナー協会とはデザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。資格取得のための水準がはっきりと打ち出されることによってその水準をクリアするためにスキル保持者やその資格の取得を考えるひとたちは明確な目標をもち勉強することができます。そして企業や現場も人を雇う際に、資格保持者がどの程度のスキルを持っているのかを把握することができますので、人員採用を行いやすくなります。そしてこれら全体の取り組みはスキル保持者の社会的地位の工場に貢献するものとなります。

受験方法

受験することを希望される方は日本デザインプランナー協会のホームページから申し込むことができます。簡単な画面の指示に従って受験者情報を入力していきます。申込を行ったら自宅に日本デザインプランナー協会から受験用紙、試験問題、解答用紙が送られてきますのでその時に代引き引き換えの形で受験料1万円を支払います。受験そのものは在宅で行うことができますので様々な背景の方が受験することができます。また、受験の日付に関しても自分の都合の良い日を定められた期間の中から選ぶことができますので忙しい方や休日が取りにくい方でも受験できるとあって好評です。

口コミ評判

「服飾関係の仕事をしており受験しました。この資格はお客様に服をコーディネートしたり店頭のディスプレイを作成したりする際にも役立っています」

「建築設計を行う時に身につけた知識によって良い仕事ができるようになったと思います」

「知識が増えただけでなく自分の自信につながりました」

資格取得のために学んだ知識はその後の仕事や日常にとても役立つ生きたスキルになることがわかります。それによって得た知識は生活に彩や喜びを与えるものとなり、日々楽しく色を扱うことができるようになります。さらに他の人を教えることもできるようになりますので知識を伝えたり教えを受けた人が成長する喜びも感じたりすることができる魅力的な資格です。