エクステリア心理アドバイザー認定試験口コミ評判

エクステリア心理アドバイザーについて

エクステリア心理アドバイザーは心理的なアドバイスとサポートを行い、メンタル面からエクステリアの知識を活用できるようにする人です。

心理アドバイザーは、当初心に問題のある人のカウンセラーとして働く仕事であり、近年ではそれぞれの企業や福祉施設に必要とされている職業です。

エクステリアとはインテリアの逆の意味で使われる言葉で、インテリアが内装であれば、エクステリアは外装を指す言葉として使われています。

人が住む場所は、人の精神状態にも大きな影響を与えるものです。

そのため、エクステリア心理アドバイザーは、エクステリアの専門的な知識を活用して、その人に適した居住空間のアドバイスを行うことができ、精神的なケアや精神状態を改善することに役立てることができます。

エクステリア心理アドバイザーの役割が果たせる場所は、心理的なアドバイザーとしてだけでなく、建築に関連する仕事にも使用できるので、広い範囲での仕事に利用することができます。

エクステリア心理アドバイザーの資格を取るには?

エクステリア心理アドバイザーとして資格を取るには、認定試験に合格しなければなりません。

日本インストラクター協会では主に教えるスキルを養うための多くの資格を提供しています。エクステリア心理アドバイザーもそのひとつです。

学校に行く必要はなく、自宅で通信講座を受けることですべてを学ぶことができます。

テストは2カ月に1回開催されることが多く、受験するタイミングを心配することなくいつでも勉強を始めることができます。

また、試験を受けるためにわざわざ試験会場に行く必要はなく、自宅で受けることができるので、仕事で忙しい方や、地方に住む人、小さな子供がいるママさんでさえも安心して受験を受けることができます。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

講師としてのスキルがある場合にオススメ

エクステリア心理アドバイザーの資格を取得したいと考えている方は、新しい知識を学んでそれを他人に教えるように情報共有をすることが好きな人に適しているかもしれません。

エクステリアや心理学の知識を蓄えていても、仕事の内容によってはすべてを活用するのはなかなか難しいですよね。

そのような悩みを抱えている場合には日本インストラクター協会の講師としての資格があれば、他の人のものごとを教えることで知識を活用することができますし、将来への選択肢が1つ増えることで学ぶことで得た知識を活用することができるでしょう。

人にものごとを教えることが好きで、誰かにものごとを尋ねられることが好きな方はインストラクターとしての資格があるのではないでしょうか。

教師になるには教育学部に行くなど長い準備期間が必要になります。

また、仕事としては拘束時間が長いものになるでしょう。

エクステリア心理アドバイザーの資格では、人に教えるカルチャースクールや教室でおおいに役立てることができます。

自宅で教室を開いたり、カルチャースクールで教えたりすることで、より多くの知識を他人へ伝え自らの知識を蓄えるように学んでみませんか?